飲む日焼け止めサプリで降り注ぐ紫外線対策

紫外線対策って梅雨明けから8月くらいまでで大丈夫?

紫外線は梅雨明けから8月くらいが強い?

7・8月が最も強いけれどやはり年間を通して注意が必要

 

こちらは気象庁の日最大UVインデックス月別の累計平均値を表したグラフです。

 

紫外線

気象庁 紫外線のデータ集より

 

これは、東京の例ですが、やはり7月、8月とグラフの色が変わるくらい強くなっていますね。

 

でも、5月6月も意外と高いのがお分かりになると思います。

 

これは1997年から2008年までのデータですから、最新のもとのとなると、さらに強い日々が増えていると推測出来ます。

 

最近は、ゴールデンウィークの頃もかなり日差しが強いですよね。

 

五月晴れと聞くと気持ち良いイメージですが、もちろん紫外線対策は必要です。

 

加えて、冬でも、例えば雪からの反射でも意外と紫外線を浴びてしまいます。

 

さすがに3月とか4月に日焼け止めクリームを塗る気力も出ませんが、それでも今後はオゾンホールの拡大などもあり、冬の曇り空でも気にする必要が出てくるかもしれません。

 

その点、日焼け止めサプリなら、年間を通して飲むだけのケアで、紫外線対策だけでなく美肌ケアも可能なものも増えているので、飲み始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

■窓ガラスからも降り注ぐ紫外線

 

紫外線対策は、何も外に出て日光を直接浴びている時だけではなく、曇空でも実際には紫外線が降り注いでいます。

 

さらに、窓ガラスごしにも降り注いで来ますので、室内だからと安心は出来ません。

 

紫外線と一言で言っても、実際には地上に降り注いでくる紫外線には2種類に大別出来ます。

 

UV-A(紫外線A波)
UV-B(紫外線B波)

 

【紫外線A波】の方は、即、日焼けしたりしないので肌に影響がないようにみえます。でも、実は【真皮】と呼ばれる皮膚の内部、深い層にまで達し、コラーゲンやエラスチンを変性させシワの原因となったりします。

 

もともとオゾン層を通りぬけやすいため、常に降り注いでいて、これが雲や窓ガラスをも通り抜けて来てしまいます。

 

【紫外線B波】の方は、強い日差しに当たると肌が赤くなってヒリヒリしたり水ぶくれが出来たりする原因になります。メラニン色素を生成してシミやシワの原因となります。

 

パワーが強いために、一気に肌の表面にある細胞をも傷つけやすく、すぐに日焼けしてしまう素になります。

 

ただ、A波と比較すると波長が短いためオゾン層を突き抜けてくる量は少ないようです。

 

 

 

日焼け止めサプリランキング | 飲むだけで日焼け対策出来るって本当?のトップページへ